封筒の印刷・作成・デザインを専門にデータ入稿からサンプル、特殊加工封筒などの注文に対応した、封筒の専門店です。

ビジネス封筒印刷所
www.futoprint.com 封筒 サイトマップ
封筒用カート
封筒注文 封筒初めての方に 封筒一覧 封筒サービス説明 封筒データ入稿について
自動簡単見積り
封筒見本お取寄せ
封筒雛形ダウンロード
封筒まめ知識
封筒作品集
名刺印刷専門のBUSINESS名刺印刷所
Add to Google
My Yahoo!に追加

サイト更新日
2017年12月18日

データ作成のルール[データ入稿について]

データ作成で困った時は!?簡単・わかりやすいデータ作成ルール講座

イラストレーターで入稿データを作成する際の、ご注意していただくポイントをご紹介します。その他データ作成に関するご質問等がございましたらお気軽にお問い合せ下さい。


文字には必ずアウトラインを

お客様と弊社のフォント環境が違う場合、ご入稿頂いたデータの文字が他のフォントに置き換えられてしまいます。このような事態を防ぐため文字をアウトライン化することが必要です! アウトラインを取る場合は「文字」→「アウトラインを作成」を選択して下さい。
アウトライン後に文字を編集することは出来ませんのでご注意下さい。

墨1色はグレー指定、カラー1色・2色はDIC指定、フルカラーはCMYK指定

墨一色の場合
データを墨一色で作成された場合は、必ず「グレー指定」にして下さい。
CMYKの掛け合わせで作成したデータを印刷すると、文字に滲みが出てしまいます。また、掛け合わせで作成された場合、墨一色でもカラー扱いになりますのでご注意下さい。
カラー1色、または2色の場合
データをカラー1色または2色で作成された場合は、必ず「DIC指定」にして下さい。DIC指定については「データ入稿のルール」をご覧下さい。
フルカラーの場合
データをフルカラーで作成された場合は、必ず「CMYK指定」にして下さい。 RGBで作成したデータをCMYKに変換すると彩度が落ちくすんだ色合いになります。CMYKに変換場合は「ファイル」→「書類のカラーモード」でCMYKカラーを選択して下さい。
2色以上のカラーを使用したグラデーションは受け付けておりません。

印刷範囲に気をつけて

基本的に、各封筒ともクワエ方向10mmの範囲は印刷出来ません。
また、周りには5mmの余白が必要となります。
余白ぎりぎりのレイアウトにしてますと、文字やロゴといった重要なデータが切れてしまう恐れがありますので、データ作成の際には印刷範囲の外側・内側に各5mmずつ間隔を置いて作成して下さい。
窓付きの場合は、窓周り10mmの余白が必要となります。

印刷可能エリア

配置画像は必ず埋め込んで

イラストレータに貼り付ける画像は、画像の解像度や大きさ等を確認し、EPS形式で保存した画像を使用します。画像を配置する場合は「ファイル」→「配置」で画像を選択して下さい。
「リンク」のチェックボックスを外す事により画像がデータに埋め込まれますので、元の画像を入稿する必要はありません。

バージョン8以下の場合はリンクした画像データを一緒に入稿して下さい。
画像は解像度300dpi以上のものをご用意下さい。

ラインは塗りではなく線で指定、文字は6pt以上

ラインを線ではなく塗りで指定すると、印刷時にかすれの原因となります。
また線や文字が太すぎたり小さすぎると、線が消えたり文字が潰れて読めなくなってしまいます。線の太さは0.25ポイント以上、文字の大きさは5ポイント以上がベストです。

ベタは禁止(全体の30%以下であれば可能)

ベタを多用すると、「かすれ」や「ムラ」等がでます。
30%以下であれば印刷可能ですが、あまり多用されない事をお奨めします。

トリムマークはフィルターからクリエイトトリムマークを使用

データ作成の際は必ず「フィルター」→「クリエイトトリムマーク」を選択、使用して下さい。

これは印刷・出力をする場合の基準になります。


再注文
TEL 03-5541-6444
封筒お問い合せ
サポート お支払い方法 運営等について セキュリティー
SSL グローバルサインのサイトシール
当サイトはグローバルサインのSSLサーバ証明書を取得しています。お客様の情報は最高水準のセキュリティで保護されます。
プライバシーマーク
Copyright © 2007-2011 GOODCROSS Inc.All Rights Reserved.
54.163.210.170